2016年09月18日

pixiv4コマ漫画計画 一部企画倒れ ということで…

pixivには投稿することができた
ただこのブログと連携するのは
あまり有効なやり方がなさそうだ

また
インスタグラムに投稿する案は
実際投稿しようとしてみたが
自分の画像の作り方では
適していないということがわかった。
なので保留。

ということで
手っ取り早く
このブログにも直接載せてしまうことにしました。

マンガカテゴリを作ります。
posted by ヤスタロウJr at 03:40| Comment(0) | デザイン

2016年09月15日

pixiv 4コマ漫画計画からさらに…

インスタグラムで公開するということ


ほぼ第1弾ができようというところですが
あることに気づいた
pixivがほったらかしだから
せっかくだから活用しようと思って始めたわけですが
公開する手段はいくらでもある。

インスタグラムはやっていませんし
今までそんなに興味もなかったですが
これを機会にそこでも投稿してみよう。

検索すると
どうやらやはり
漫画を投稿している方は大勢いるようで
別に変なことではない。

メディアの流行には多少敏感にならないといけない仕事をしているとも言えるので
これは一石二鳥。
いやいやすでに遅いですがね。

ということで近日投稿予定。



posted by ヤスタロウJr at 21:10| Comment(0) | デザイン

2016年09月13日

フリクションボールペンの書きやすさ 〜pixiv 4コマ漫画計画

フリクションボールペンで漫画を描く


着々と作業は進行中ですが
その際、清書するペンをどうしようか悩んでいた。

漫画を書いた経験はほぼゼロ
ショットノートを使うわけだし
そこまで本格的な道具を使うのもどうかと思っていた。

最初サインペンにしようかと思ったが
実物を見るとやはり太すぎる気がした。
紙面が狭いですからね。
極細マジックも検討したが
それでも太い。
あと裏写りが心配。

となると普通のボールペンくらいか…
しかしボールペンは書きにくいものが多い。
インクで汚れたりもするし、
ちょっと気乗りしなかったが、
店頭を見ると
フリクションボールペンが売っていた。

フリクションボールペンが理想形


使ったことはなかったんですが、
消せるなら汚れ問題はクリアだな、
程度の思いで買ってみたが、
まあなんと書き味が滑らか!
一気にファンになった。
あと線の太さがまさに絶妙。
それは作風によるけれど。

というか
フリクションボールペンたらしめるインクの成分というものがあるのか、
そしてそれがちょうどマッチしたのか、
それがわからない。

単に書きやすいボールペンというものは
今世の中にゴマンとあるでしょうからね。

しかしやはり消せるというのは興味深い。

といいながら、
まだフリクション的要素は実践していませんが…




posted by ヤスタロウJr at 16:03| Comment(0) | デザイン