2019年12月11日

ボカロ挑戦記 〜キャラクター展開

iPad版 Monile VOCALOID Editor

調教に挑んでいるとは言ったものの
メインボーカルとサイドボーカルまたはコーラスがいる場合は
キャラクターが二人いたほうがいいのではと思った

結果的には正しいといえば正しいと思うが
失敗したかもしれない

最初に導入したのは
キヨテルさん(ロック)

声質はいいけど
ベタ打ちのままだと
やっぱりもっさりした感じになる

二人めとして
ZOLAからスカウトすることにした
まあ選択肢はさほどないながらも…

天野喜孝さんのイラストも魅力的であります
しかしそれで本質を見ることを忘れてはいけないわけですが

曲調でいうと基本的にはロック志向なので
KYOさんを導入
サンプル曲もなんかいい感じだったので

実際に
キヨテルさんにしていたサイド部分をKYOさんに置き換えてみたら…
違いがわからない…
違うんだろうけど、ほとんど区別がつかない…

ロックだからと言って
ロック系にしたのがまずかったのか
ほかの二人のほうが如実な違いが出たのか
それともロックは歌いこなせないのか

お金のかかることだから
むやみに増やしたくないので
それはわからずじまい
このままのキャラ編成での展開を決意

ひとりのキャラを調整するだけで
十分二人に聞こえるのではないかと思い始めた

とはいえ
調整というか
調教を進めていくうちに
二人の個性がだんだん見え始めてきた
そもそもの素材の違いが表れてきたと思いたい

サンプル曲での明らかな歌声の差は
そういうところにやはりあるのか

これからも末永く二人にはお付き合いを願いたいところ


posted by ヤスタロウJr at 20:41| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: